ニキビというのは潰してもいいのでしょうか?

ニキビというのは潰してもいいのでしょうか。
実は、潰しても良い状態のニキビとそうでない状態のものがあります。
潰してしまっても良い状態のニキビとは、肌の炎症が落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。
こんなニキビの状態は、膿が外に出ようと芯が出来始めている時ですから、専用の器具を使うのであれば、潰してしまっても良いでしょう。
無添加のミネラルパウダーファンデ等を使用するのもお肌に良いといわれていますからね。
余分な添加物の少ないミネラル化粧品を使ってみてもいいかもしれません。
ニキビが悪化すると、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛いといった症状が見られます。
ニキビが出来ると、ついその箇所を確かめようと触りたくなることがありますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい長引く原因となるので、ニキビケアのクリームなどでケアをして、清潔に保つようにすると良いでしょう。
ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。
ピーリングを初めてした時には、お肌が少しヒリッとしました。
それで、ちょっぴり怖くなって即座にやめたのですが、お肌が正常な状態になったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、ニキビがキレイに改善されました。
それ以来、ニキビを見つけるとピーリングをするよう心がけています。
ニキビには刺激の少ないミネラルファンデーションや無添加なものと覚えておきましょう。

ミネラルファンデ 成分 比較