プロバイダ乗り換えには契約満了の時期に気を付けよう

プロバイダを乗り換える際、注意しなければいけないのは違約金の発生ですが、最低2年間の契約や、1年間の契約が終わった後に継続せず、他社に乗り換えるという場合でも、注意しなければいけません。
そうではないプロバイダもあるかもしれませんが、多くの場合、契約終了後、何もアクションがなければ自動的に契約が更新されます。
契約が更新されると、なんと再び1、2年間利用しなければいけなくなってしまいます。
多くは契約満了後、1ヶ月間の猶予があり、その1ヶ月の間に契約解除などのアクションをとらなければいけません。
違約金の支払いを避けるため、契約満了と同時に乗り換えを検討している方は、早めに行動しておいた方が良いということでしょう。